感染症サーベイランス・管理パッケージ
昨今、院内感染による医療事故が盛んに報道され、医療現場のあり方が問われるようになり、 医療機関においては、リスクマネジメントとして実用性のある院内感染対策の必要性が高まっております。 Medical Partner Infection Manager(感染症管理システム)は、院内で発生する感染症を早期に認知・発見すること(サーベイランス)を目的とし スピードと正確性を必要とするサーベイランス業務を強力にサポートします。
  • 他システムとの連携
    オーダーリングシステム・検査システムから感染症患者とドレーン・カテーテル使用患者の情報を取得する事で、データ入力を容易に行えます。
  • 感染疑いの自動判定
    患者毎の体温・血液検査等の結果を画面から簡単に登録することで、基準値を超えた状態を自動判定し、画面に分かりやすく警告表示します。 これにより感染症の早期発見を支援します。
  • 感染報告書の作成機能
    感染報告対象が自動取得され一覧から選択できるため、容易に報告書の作成を行う事ができます。
CPU Intel Xeonプロセッサー(3GHz)以上 または 同等のプロセッサ
メモリ 推奨2GB以上
ディスク容量 200GB以上
OS

Windows Server 2003 以上

Webサーバ IIS 6.0 以上

データ

ベース

MySQL 5.0 以上
スクリプト PHP 5.2 以上
OS

Microsoft Windows XP Home / Professional 以上

CPU Celeron または 互換 CPU 2.26GHz 以上
メモリ 512MB 以上
ディスプレイ 1024×768(XGA) High Color(6万色)以上を推奨
ブラウザ Internet Explorer 6.0 以上
通信環境

TCP/IP プロトコルが使用できる10Mbps以上

(100Mbps)のLAN、または同等の環境

Copyright c 2010 Japan Inter Systems Co., Ltd. All rights reserved.